アタマジラミ 寿命

アタマジラミはどのくらい生きる?

 

アタマジラミのオスとメスは、1カ月程度の寿命です。

 

しかし、アタマジラミのオスもメスも、床に落ちてしまうと、吸血できなくなり、2、3日で死んでしまいます。

 

ただし、アタマジラミが生きている間に、床に寝転んでしまうと、当然またアタマジラミが頭皮に感染する可能性がありますので、注意をしないといけません。

 

アタマジラミになってしまうと、親も仕事によって非常に苦労します。

 

特に接客業務が多い人は、髪にアタマジラミが沢山いる状態では、安心して仕事に専念できません、やはりアタマジラミの症状によっては、職場に相談すると、接客業は控えるように言われる可能性があります。

 

基本的に、アタマジラミで出勤停止措置を取っている企業は少ないので、アタマジラミで出社すること自体は、特に問題がないと思います。

 

特に事務職のように、それほど社外の人間と接することが少ない人の場合は、仕事に影響することが少ないと思います。

 

ただし、社外の人間と接する可能性が高い人は、やはり社外の人間に与える印象があんまりにも悪くなると、会社のイメージが悪くなるので難しい判断になります。

 

まずは上司に相談して、アタマジラミが完治するまでの間、どのようにしたほうが良いのか、確認しましょう。

 

アタマジラミ011